不妊治療の費用

当然ではありますが、不妊治療はただではありません。相応の費用が発生します。しかもこの費用は大変高額であることが知られています。治療法毎に、具体的に見ていくことにしましょう。1つ目はタイミング法です。この治療法は名前の通り、性交のタイミングに関して、医師のアドバイスを受けるものです。つまり手術や投薬治療を行うわけではありません。医師は排卵の時期を参考に、最も妊娠し易い日時を患者に伝えます。排卵日が近付くと、数回病院に通わなければなりませんが、1回当たり1万円前後掛かることもあります。それでも他の治療法と比較すれば、安価な方だと言われています。2つ目は人工授精です。非常に単純な治療法で、医師の手で子宮に精子を送り届けます。費用は数万円掛かるのが一般的です。3つ目は体外受精です。卵巣から卵子を取り出し、1度体外で医師が強制的に卵子と精子を結び付けます。その後、子宮に戻されるという手筈です。少し手荒な印象を受ける治療法ですが、有効なこともあります。費用は非常に高く、50万近くに上ることもあります。4つ目は顕微授精です。これは最後の手段の一つとして知られており、体外受精でも上手くいかない時に採られます。体外受精で失敗する理由は精子の数が少ないからであり、それを解決するためには卵子に直接注入する他ありません。非常に高いスキルを必要とされる医療行為であり、70万近くの費用が発生することもあります。以上、4つの治療法を見てきましたが、いずれも高額で、経済的負担は高いということが分かるでしょう。それでも子どもを欲する気持ちが上回る人が、不妊治療を受けているのです。彼らの気持ちは推して知るべしというものです。