不妊治療のステップ

不妊治療の中では、「一般不妊治療」と「高度生殖補助医療」に分類されています。

「一般不妊治療」・・・タイミング療法、人工授精(高度生殖補助医療に位置付けられる事もあります)

「高度生殖補助医療」・・・体外受精などの高度な医療技術を用いて妊娠の成立を促す「タイミング療法」を行う場合は、女性側の排卵に問題がないかの検査が必要です。また、卵管の通過性などにも問題がないかの検査が必要です。男性側は、精子の運動や数に問題がないかの確認が必要です。このような一般的な検査において問題のなかったカップルが、タイミング療法を試みているといわれています。例えば人工授精は、精子の運動や数に問題がみられたり、性交障害がみられたり、卵管に何かしらの問題がみつかり自然妊娠は困難であるというような判断がされた場合に行われます。人工授精を試みる中で、妊娠成立に至らなかったような場合は、体外受精への治療を切り替えるように勧められる事が多いようです。人工授精は、精子を女性の子宮内膣へ人工的に注入しますが、その工程を除けば、自然妊娠と同様の流れとなっていきます。人工授精の場合、予め、採取した男性の精液を女性に注入するのですが、その際、元気な精子を選別して子宮に注入します。様々な方法で妊娠する確率を高める事で、不妊治療を行っていくのです。